MONEY

【お金を貯めよう】毎年チェックしたい”ふるさと納税”まとめ

【お得】ちょっと得するポイントサイトについて調べてみた

ふるさと納税とは

自分が好きな地域(都道府県や市区町村の自治体単位)を選んで寄附が出来る仕組みのこと。
地元やよく行く場所やサポートしたい場所などに寄付(納税)することが出来て、しかも自分にもメリットがあります。
これをふるさと納税といいます。

ふるさと納税で寄附をすると、税金が控除されたり、寄附金の使い道を指定して地域を応援できたり、さらには寄附した地域からお礼の品として美味しいお肉やお魚などがもらえることがあります。

動画で分かる、ふるさと納税


世界一わかりやすいふるさと納税 【ふるさとチョイス】

ふるさと納税の条件

ふるさと納税の上限額となる金額(寄付できる限度額)

控除金額シミュレーション
https://www.furusato-tax.jp/example.html

ふるさと納税の確定申告に必要なもの

意外と簡単!ふるさと納税をした場合の確定申告

https://www.furusato-tax.jp/kakutei_shinkoku.html

ワンストップ特例制度

以下の2つの条件に当てはまる場合、便利な『ワンストップ特例制度』を利用できます。

  • 1年間(毎年1月1日~12月31日)で寄附先が5自治体以下の場合
  • 確定申告をする必要のない場合

ふるさと納税ワンストップ特例制度について | ふるさと納税サイト「さとふる」
https://www.satofull.jp/static/onestop.php

ふるさと納税関連リンク

ふるさと納税「さとふる」

利用意向NO1のふるさと納税サイト
運営: 株式会社さとふる
http://www.satofull.jp/

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス]

ふるさと納税総合サイト
運営: 株式会社トラストバンク
https://www.furusato-tax.jp/

ふるぽ

ふるさと納税を地域産品や旅行をポイントと交換できる自治体をご紹介します。
運営: 株式会社JTB西日本 ふるさと納税事業推進室
http://furu-po.com/

わが街ふるさと納税

ふるさと納税、特産品、旅行など生活に役立つ地域情報サイト『CityDO!』
運営: 株式会社サイネックス
http://www.citydo.com/furusato/

これは絶対お得!毎年リピートしたいオススメの返礼品

宮崎県児湯郡川南町

参協味蕾豚満喫セットなど
http://www.rakuten.co.jp/f454052-kawaminami/

愛媛県新居浜市

アサヒビール四国工場生産スーパードライなど
新居浜市は四国のほぼ中央部に位置し、北は瀬戸内海、南は四国山系に面し、海と山に囲まれ気候温暖で水(地下水)にも恵まれた自然豊かな都市です。
http://www.rakuten.co.jp/f382051-niihama/

mont-bell/モンベル

モンベルは、地方創生「ふるさと納税」を応援します。
「ふるさと納税」のお礼の品として、モンベルクラブ・メンバーズポイントが選べる地方自治体があります。
http://www.montbell.jp/hometax/

【お金を貯めよう】毎年チェックしたい”医療費控除”まとめ

【ネットビジネス】WEBサイト・アプリのサイト売買サービスについて調べてみた

医療費控除とは

自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができる。
これを医療費控除といいます。

医療費控除の条件

医療費控除の対象となる医療費の要件

  • 納税者が自分自身または自分と生計を一つにする配偶者やその他の親族のために支払った医療費が対象
  • その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費が対象

医療費控除の対象となる金額

次の式で計算した金額(但し最高で200万まで)

(実際に支払った医療費の合計額 − 保険金などで補てんされる金額) − 10万円
つまり10万円以上の医療費の出費がある場合は医療費控除の対象となります。
(注)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人は所得金額の5% 

医療費控除を受けるためには、医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を住んでいる市や区を所轄する税務署に提出する必要があります。

医療費控除の申請に必要なもの

  • 確定申告書
  • 領収書など医療費の支出を証明する書類(添付もしくは提示)
  • 還付金を振り込む口座番号等の情報や認印
  • 給与所得がある場合:給与所得の源泉徴収票(原本)

なお、給与所得者(いわゆるサラリーマン)で年末調整をされている場合の医療費控除の申告は毎年2月16日から3月15日までの期間は住んでいる市や区を所轄する地域の役所でも受け付けています(土・日は除く)。 

関連リンク

国税庁ホームページ

http://www.nta.go.jp/