G-SHOCK DW-5600C-1(国内版)

幾度となくブームになりながら長い歴史のなかで数百、いや何千以上のモデルが発売されている『CASIO G-SHOCK(カシオ Gショック)』ですが、その中でたった一つを選ぶとしたらやはり往年の名作『SPEEDモデル』が最強です。

このシリーズはG-SHOCKの中でも特に数多くのモデルが出ていますがその中でも特にオススメするものを厳選して紹介します。

復刻ファースト・スクリューバックモデル
G-SHOCK DW-5000-1JF(国内版)

G-SHOCKDW-5000-1JF
1983年に誕生したG-SHOCKの初号機『DW-5000C』の復刻モデル。
開発当初の熱い気持ちを忘れないという想いが込められた原点回帰のモデルです。

スペック

発売時期: 2001年3月
発売価格: ¥14,000(税抜)
裏蓋: スクリューバック
風防: 無機ガラス
防水性能: 20気圧防水
防水表示: WATER RESIST 20BAR
文字盤表示: ILLUMINATOR/ALARM CHRONOGRAPH
動力: リチウム電池
ライト: ELバックライト

現行ファースト・タフソーラーモデル
G-SHOCK GW-M5610-1JF(国内版)

G-SHOCK GW-M5610-1JF
1983年に誕生したDW-5000Cのデザインを継承しているスクエアフェイスの5600シリーズが待望のマルチバンド6を搭載して登場。
GW-M5610はファーストモデル『DW-5000』のケース形状、文字板デザインを受け継ぎ、クラシカルなデザインとしました。

スペック

発売時期: 2012年3月
発売価格: ¥20,000(税抜)
裏蓋: ネジ止めパネル式
風防: 無機ガラス
防水性能: 20気圧防水
防水表示: WATER RESIST 20BAR
文字盤表示: MULTI BAND 6/TOUGH SOLAR
サイズ: H46.7 × W43.2 × D12.7mm
重さ: 51.7g
動力: タフソーラー(ソーラー充電システム)
ライト: ELバックライト

現行スピード・スクリューバックモデル
G-SHOCK GW-5000-1JF(国内版)

G-SHOCK GW-5000-1JF(国内版)
重厚なメタルケースで、スクリューバックを採用した初代モデルDW-5000が、最新のテクノロジーを搭載して登場。
1983年に誕生したG-SHOCKオリジナルデザインに最新のテクノロジーを搭載し、更に上質に仕上げたこだわりのモデル。

スペック

発売時期: 2009年5月
発売価格: ¥38,000(税抜)
裏蓋: スクリューバック
風防: 無機ガラス
防水性能: 20気圧防水
防水表示: WR 20BAR
文字盤表示: MULTI BAND 6/TOUGH SOLAR
サイズ: H48.9 × W42.8 × D12.7mm
重さ: 73.8g
動力: タフソーラー(ソーラー充電システム)
ライト: ELバックライト

現行スピード・タフソーラーモデル
G-SHOCK G-5600E-1JF(国内版)

G-SHOCK G-5600E-1JF(国内版)
初代G-SHOCKのデザインを受け継いだ5600のデザインに蛍光灯の光で駆動する最新のタフソーラーを搭載したモデルが登場。
赤いラインが特徴的な、従来のタフソーラーモデルG-5600に対し、今回はスクエアデザインの中でもシンプルな配色のDW-5600C(1987年発売)のカラーリングを採用しました。G-SHOCKを代表するクラシックデザインのNEWモデル。

スペック

発売時期: 2009年6月
発売価格: ¥14,000(税抜)
裏蓋: ネジ止めパネル式
風防: 無機ガラス
防水性能: 20気圧防水
防水表示: WATER 20BAR RESIST
文字盤表示: TOUGH SOLAR
サイズ: H46.7 × W43.2 × D12.7mm
重さ: 50.5g
動力: タフソーラー(ソーラー充電システム)
ライト: ELバックライト

現行スピードモデル
G-SHOCK DW-5600E-1(国内版)

G-SHOCK DW-5600E-1(国内版)
1983年の発売以来、タフネスを追求し進化を続けてきたG-SHOCK。
その中でもG-SHOCKの原点であるスクエアケースを採用した『DW-5600』にELバックライトを搭載しました。


G-SHOCK DW-5600 – Hammer : Challenge the limits CASIO G-SHOCK

スペック

発売時期: 2012年3月
発売価格: ¥11,000(税抜)
裏蓋: ネジ止めパネル式
風防: 無機ガラス
防水性能: 20気圧防水
防水表示: WATER 20BAR RESIST
文字盤表示: FOX FIRE
サイズ: H48.9 × W42.8 × D13.4mm
重さ: 53.0g
動力: リチウム電池
ライト: ELバックライト

現行スピードモデル
G-SHOCK DW-5600E-1V(海外版)

G-SHOCK DW-5600E-1V(海外版)

スペック

裏蓋: ネジ止めパネル式
風防: 無機ガラス
防水性能: 20気圧防水
防水表示: WATER 200M RESIST
文字盤表示: ILLUMINATOR
サイズ: H48.9 × W42.8 × D13.4mm
重さ: 53.0g
動力: リチウム電池
ライト: ELバックライト

真正スピード/真正キアヌモデル
G-SHOCK DW-5600C-1V(海外版)

スペック

発売時期: 1987年6月
裏蓋: スクリューバック
モジュール: 691(裏蓋鏡面)/901(裏蓋ヘアライン)
風防: ミネラルガラス
防水性能: 20気圧防水
防水表示: WATER 200M RESIST
動力: リチウム電池
ライト: 電球

スピード/キアヌモデル
G-SHOCK DW-5600C-1(国内版)

G-SHOCK DW-5600C-1(国内版)
G-SHOCKの初号機DW-5000Cのケースデザインを引き継ぐ角型モデル。
初期の角型デザインを継承したシンプルなフォルムは、時代を経てもG-SHOCKの基本として存在し続けています。
このモデルより防水表示が国内は「20BAR」に、海外モデルは「200M」と区別されました。

スペック

発売時期: 1987年6月
発売価格: ¥9,800(税抜)
裏蓋: スクリューバック
モジュール: 691(裏蓋鏡面)/901(裏蓋ヘアライン)
風防: ミネラルガラス
防水性能: 20気圧防水
防水表示: WATER 20BAR RESIST
動力: リチウム電池
ライト: 電球

初代Gショック/真正ファーストモデル
G-SHOCK DW-5000C-1A

G-SHOCK DW-5000C-1A
1983年に誕生したG-SHOCKの初号機。
壊れない時計を作りたいという、当時の常識では考えられない発想から始まり、あまたの失敗や試行錯誤を繰り返し誕生した唯一無二の耐衝撃腕時計。
G-SHOCKを生み出した開発チーム「PROJECT TEAM “Tough”」の思想が結実したファーストモデルDW-5000C。ウレタンで全面をカバーし、心臓部であるモジュールはゴムパッキンの点で支えてケース内で浮遊させる中空構造を採用しています。デザインはタフさを強調するため、あえてボリュームを意識し、タイヤのようなイメージを醸し出しています。

スペック

発売時期: 1983年4月
発売価格: ¥11,400(税抜)
裏蓋: スクリューバック
防水性能: 20気圧防水
防水表示: WATER RESIST 200M
文字盤表示: Lithium/ALARM CHRONOGRAPH
動力: リチウム電池
ライト: 電球

GショックのGは『Gravity=重力』の頭文字

Gショック海外モデルの型番の最後には『V』の1文字が追加される