災害対策基本法

災害対策基本法とは災害対策に関する日本の法律のこと。
1959年(昭和34年)に愛知県、岐阜県、三重県及び紀伊半島一帯を中心として全国に大きな被害をもたらした伊勢湾台風を契機に制定された。

関連リンク

災害対策基本法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S36/S36HO223.html

SNSでもご購読できます。

Rebates

Rebatesお友達紹介キャンペーン

dTV

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください