蛇ぬけの碑

蛇ぬけの碑(じゃぬけのひ)とは昭和28年7月に、当時の西筑摩郡読書村伊勢小屋沢で起きた土石流により犠牲となった方々をしのんで建てられた石碑のこと。
この地域では、その流れ下る様子が蛇に見えることから土石流を「蛇ぬけ」と呼ばれている。
現在の長野県木曽郡南木曽町にある伊勢小屋沢水害記念碑「悲しめる乙女の像」の下にある。

碑文

白い雨が降るとぬける
尾(根の)先 谷(の出)口 (お)宮の前(には家を建てるな)
雨に風が加わると危い
長雨後 谷の水が急に止まったらぬける
蛇ぬけの水は黒い
蛇ぬけの前にはきな臭い匂いがする

※( )内は追記

地図

長野県木曽郡南木曽町天白公園

長野県木曽郡南木曽町天白公園

関連リンク

南木曽町
http://www.town.nagiso.nagano.jp/

SNSでもご購読できます。

Rebates

Rebatesお友達紹介キャンペーン

dTV

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください