【お金を貯めよう】毎年チェックしたい”医療費控除”まとめ

【ネットビジネス】WEBサイト・アプリのサイト売買サービスについて調べてみた

医療費控除とは

自分自身や家族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができる。
これを医療費控除といいます。

医療費控除の条件

医療費控除の対象となる医療費の要件

  • 納税者が自分自身または自分と生計を一つにする配偶者やその他の親族のために支払った医療費が対象
  • その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費が対象

医療費控除の対象となる金額

次の式で計算した金額(但し最高で200万まで)

(実際に支払った医療費の合計額 − 保険金などで補てんされる金額) − 10万円
つまり10万円以上の医療費の出費がある場合は医療費控除の対象となります。
(注)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人は所得金額の5% 

医療費控除を受けるためには、医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を住んでいる市や区を所轄する税務署に提出する必要があります。

医療費控除の申請に必要なもの

  • 確定申告書
  • 領収書など医療費の支出を証明する書類(添付もしくは提示)
  • 還付金を振り込む口座番号等の情報や認印
  • 給与所得がある場合:給与所得の源泉徴収票(原本)

なお、給与所得者(いわゆるサラリーマン)で年末調整をされている場合の医療費控除の申告は毎年2月16日から3月15日までの期間は住んでいる市や区を所轄する地域の役所でも受け付けています(土・日は除く)。 

関連リンク

国税庁ホームページ

http://www.nta.go.jp/

SNSでもご購読できます。

Rebates

Rebatesお友達紹介キャンペーン

dTV

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください