気象警報・注意報

気象警報・注意報とは大雨や強風などによって災害が起こるおそれのあるときに気象庁が注意や警戒を呼びかける発表のこと。
下記の6種類の特別警報、7種類の警報、16種類の注意報を発表している。

気象警報・注意報 予想される災害の指標 対象となる現象や災害の内容
特別警報 重大な災害が起こるおそれが著しく大きいとき 大雨、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
警報 重大な災害が起こるおそれのあるとき 大雨、洪水、暴風、暴風雪、大雪、波浪、高潮
注意報 大雨や強風などによって災害が起こるおそれのあるとき 大雨、洪水、強風、風雪、大雪、波浪、高潮、雷、融雪、濃霧、乾燥、なだれ、低温、霜、着氷、着雪

気象警報・注意報は、対象とする現象の発生が予想された場合に発表しており、予想される現象が発生する概ね3~6時間前に発表することとしています。ただし、短時間の強い雨に関する大雨警報・注意報及び洪水警報・注意報については概ね2~3時間前に発表することとしています。
また、夜間・早朝に警報発表の可能性がある場合には、夕方に注意報を発表し、警報を発表する可能性のある時間帯をその注意報の発表文中に、例えば「明け方までに警報に切り替える可能性がある」などと明示しています。
なお、こうした猶予時間(リードタイム)は、気象警報・注意報が防災機関や住民に伝わって避難行動などがとられるまでに要する時間を考慮して設けていますが、現象の予想が難しい場合には、結果としてこうしたリードタイムが確保できない場合もあります。

関連リンク

気象警報・注意報 – 気象庁
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/warning.html

現在発表中の気象警報・注意報 – 気象庁
http://www.jma.go.jp/jp/warn/

気象警報・注意報の発表地域のイメージ

気象警報・注意報の発表地域のイメージ

SNSでもご購読できます。

Rebates

Rebatesお友達紹介キャンペーン

dTV

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください